2014年4月28日月曜日

ベンチマーク

681回板橋ロールコール南アルプス甲斐駒ケ岳開催の模様です。
※結果は最下段に掲載しております

この100名山シリーズを始めるにあたり、実は自己試験を行っておりました。
東海道五十三次シリーズもそうでしたが、先ずは一番重い課題を自らに課して、それがクリアできればプロジェクトを開始しよう、というもの。

第1回目は富士は富士でも御殿場口から。高度差や勾配等のデータから出版社の集計でも最も過酷なルート。ここをなんとか4時間でクリアできたので無謀とも思えるこのシリーズを開始したのです。

気になる2位は甲斐駒ケ岳の黒戸尾根ルート。

無雪期に登ったのではテストにならないので積雪期に登ろうという魂胆^^残る37座はアルプス系が大半。しかも縦走を要するコースも多いのでこの位は日帰りでクリア出来ないと話になりません(汗

前置きが長くなってしまいましたが、という訳で土曜日に韮崎入り。珍しく夜更かしもせず翌朝に備えます。

今回もバイクでアクセス。南アルプス南部と違って北部は市街地から直接登山口までアクセス出来るのが魅力。山深さという意味では南部の地域は日本一といっても良いでしょう^^

翌朝。やってきました駒ケ岳神社。ここからの標高差は2200m。しかもロングルート。
果たして登りきれるのでしょうか。

神社の直ぐ先からいきなりの吊橋。
定員5名なのですが、観光客が橋上に4人^^いきなりの足止め(笑

渓谷への道を分けて、南アルプスらしいたおやかな登山道の開始です。
九十九折の登りが終わるとひたすら尾根登り。登っても登ってもさっき通った?的な上りが続くのです。

1時間ほどで笹平に到着。なんとここから山頂まで7時間との表示!まだ雪は現われないのでひたすら飛ばします。
空気が冷えてきたなと思ったらやはり雪が出現。
アイゼン無しで登れるところまで。

黒戸山を巻いて下ったところで5合目跡地。

目の前には垂直の梯子が。雪も深くなって来たのでここでアイゼン装着。
ここまで3名の方としか出会っていません(汗

雪深いとはいえこの季節。どんどん足元の雪は緩んでくるので滑ること。
雪の下の状況も不明瞭なので変なところを踏み抜くと真っ逆さま。
ペースが思う様に上がってくれません。
鎖場と梯子が多数出現しさながら穂高界隈の様な雰囲気に。

暫くそんな状況が続くと七丈小屋に到着。ほぼ通年営業のはずですが人気が有りません。
テン場を過ぎると一気にトレースが減り反比例する様に雪の量は多くなってきます。
ワカンが必要なほどのレベル。

たまらずここで初めての休憩。やっと山頂が見えてきたかな?というレベルでやはり距離の長さを身をもって痛感するのです。

「ザッ・・ザッ・・」
上から降りてこられる方が。時間的にもこのまま登山口まで降りられるのか。
疲労困憊の色が。この先過酷なのでしょうか。
天気が持っているのが幸い?不幸?山頂が見えてしまっているので足が止まらず。
どうしようも有りません。

予定より遅れて山頂直下の岩場に到達します。時刻は13時に迫っています。
ここで(RCを)開催するか山頂を目指すか?
標高はかなり上げているものの明らかにこの山頂一帯の岩場がまさに壁になってしまい、むしろ下山して下の鞍部の方が期待出来るほど。

ええい、ままよ。
上から最終と思われる男性が降りて来ているのを見て、ここで引き返すのも恥ずかしいので(笑
山頂を進むことに。

ここで念のため特小で10~20分ほど遅れる旨アナウンスしてみます。
するとすかさず、ヤマナシK610局さんから応答が!状況が状況だけに嬉しさ倍増。

しかし現実世界では最大の試練が・・・
ウソ!いきなりのピンチ!

岩の壁伝いに崖上の細ーい雪上の馬の背を越えていくポイント。
ここに一歩だけトレースが。
当然踏み抜いたり滑らすと崖下へ真っ逆さま(怖

山頂への踏絵。
見た目に雪は未だ締まっているので猫の様にチョンチョンつついて足場を確認(笑
もちろん写真を撮る余裕など無し。

こうして記事を書いているので無事でした(笑
何より帰りも此処を通るのが怖いです。締まっているうちに引き返すか・・・

似たような滑落ポイントが数箇所。
当然10分などで山頂に立てる訳も無く、30分以上掛かって山頂に立ちます。
ふう・・・深い深呼吸しか出来ません。助かった・・・
荒島岳の滑落ポイント並みに難儀しました。
夏山が可愛く思えるほど(笑

幸いなのはほぼ無風であること。これで強風ではとっくに退却しているところ。
直ぐにスノーポールを特小に持ち替えてRC開始です。

ヤマナシK610局さんから直ぐに御返答が。大変お待たせしました!
続いて、ナガノAA601局さんにもお声掛けを頂きます。王城パークラインとのこと。
とうきょうCT73局さんはレピータ設置後、小金沢山下山中からチェックインを頂戴します。
待ちきれずの下山。大変なところ有難う御座いました!
ナガノDF73局さん、ながのAF45局さんと何時もお世話になっている局長さんから労いのお言葉まで頂戴し、遅刻してしまったこちらとしては恐縮しきり。

市民ラジオでは5局さんからチェックインを頂きます。
さいたまBB85局さんのお声には吃驚しました。流石みかも山!

そしてDCR。
流石高所だけあって1エリアは首都圏の皆様からチェックインを受けることが出来ました^^
目の前の雪景色といつもお世話になっている方からの安堵のお声のギャップを愉しむ余裕が多少出てくる頃タイムアップ。

そろそろ下山しないと危ない時間帯。
既に危ないのですが(笑

下りは笑うしかありませんでした。人間って不思議です(汗
雪屁やら下りのトラバースやら。下山で遭難する確率が高いのも頷けますってそんな場合では有りません(笑

やって来てしまいました。例の馬の背。

 先の自分のトレースに足をゆっくり乗せて・・・
「グラリ!」
ひえ~バランスを崩しながらなんとかクリア。脂汗タラリ。
この季節はやはり危険です。大峯山下りでも道をロストしてしまいそうになった経験も有るのでしみじみ。

でもここさえクリア出来れば梯子や鎖場さえ留意すればなんて事は無いので一安心。

順調に飛ばし、時折尻セードを駆使して七丈小屋へ戻ってきます。
テン場には1組。登りに出会った方の様ですが、山頂アタックは明日朝にした方が良いと老婆心。

小屋の前の水道を頂戴しようかと100円を投入して蛇口を捻るも・・・水が出ず。
力石の気持ちが判る一場面でした(笑

もう時間的にも下っていくしか有りません。
ですがなかなか雪が消えてくれません。
こんな長かったかな・・・?

やっと雪が少なくなる標高1500m付近の岩場で初めての小休止。
ここで特小でお声が飛び込んできます!

ヤマナシK610局さんです。
RCでも3バンドチェックインを戴いており、更には当方を案じて下さり、ご自宅から待機下さってらしたのです。
もちろん、すかさずコールバック!
流石に大分下って来たとはいえ、特小でも大変クリア。

当方も嬉しさのあまりそのままリグ片手に下山続行。
およよ・・また雪が出現したと思った刹那・・・
ドテーン!
久しぶりの転倒(笑

この緩斜面では全くの滑落や雪崩の心配もないので転び放題(笑

笹平もクリアするも辺りが暗くなってきます。
思えば登りと同タイム。
何時もの様に小走り出来る箇所も皆無で我慢の下り。
このあたりは富士御殿場コースの下り(砂走り)とは大違い。

登りで動物の気配が多いあたりで、今度は積極的にK610局さんを呼び出して、DCRでラグチューをお願いします^^
真っ暗でも大声で下っていけば動物も寄ってこないだろう、と(汗

これでさらに遅さに拍車が掛かります。
なんと登山口にK610局さんが駆けつけて下さり、さらにラグチューもヒートアップ!
K610局さんの下に辿りついたのが20時近く・・

長時間にご待機も誠に有難う御座いました!
ハムフェア以来の楽しいアイボールで疲れも吹っ飛ぶのでした^^

しかも美味しいお土産まで頂戴してしまい、恐縮しきり。

まだ南アルプスの百名山は残っておりますので懲りずにお伺いします。
皆様今回も有難う御座いました!!

-おしまい

 
 
<第681回板橋ロールコールの結果>
 
・2014年4月20日(日)13時50分から14時55分
・山梨県北杜市長野県伊那市甲斐駒ケ岳(2967m)百名山s63/100より
 
#アイボールTNX!!
・ヤマナシK610局さん 大変お世話になりました
 
#特小レジャー単信3chにて 10mW
・ヤマナシK610局さん 山梨県北杜市 M5/5
・ナガノAA601局さん 長野県岡谷市王城パークライン 5/5
・とうきょうCT73局さん 山梨県大月市小金沢山下山中 5/5
・ナガノDF73局さん 長野県駒ヶ根市 5/5
・ながのAF45局さん 長野県高森町高森カントリー 5/5
・業務使用の方 山梨県笛吹市 5/-
 
#市民ラジオ3chにて 500mW
・ヤマナシK610局さん 山梨県北杜市 M5/5
・ナガノDF58局さん 長野県茅野市 M5/RS59
・ナガノAA601局さん 長野県岡谷市王城パークラインICB-66H M5/RS55
・ナガノDF73局さん 長野県駒ヶ根市 5/53
・さいたまBB85局さん 栃木県佐野市みかも山 53/54 QRB約138km

#デジタル簡易無線 15→11chにて 5W+1/4λハンディホイップ
・ヤマナシK610局さん 山梨県北杜市 M5/5 3バンドチェックインTNX!!
・ナガノDF58局さん 長野県茅野市 5/5
・ナガノDF73局さん 長野県駒ヶ根市 5/5 3バンドチェックインTNX!!
・ナガノAA601局さん 長野県岡谷市王城パークライン 5/5 3バンドチェックインTNX!!
・いばらきTK911局さん 茨城県常陸太田市プラトーさとみ QRB240km 5/5
・横浜AG47局さん 神奈川県横浜市磯子区 5/5 QRB約130km
・トチギSA41局さん 栃木県鹿沼市横根山 5/5 QRB150km
・ヨコハマFUR98局さん 神奈川県横浜市保土ヶ谷区 5/5
・カナガワN523局さん 神奈川県小田原市 5/4
・イバラキNK313局さん 茨城県常陸大宮市尺丈山 5/5 QRB213km
・ヨコハマAA815局さん 神奈川県横浜市保土ヶ谷区たちばなの丘公園 5/5
・イバラキAB110局さん 茨城県常陸大宮市三王山 5/5 QRB203km見通し外
・トシマFZ52局さん 東京都豊島区 5/5
・よこはまkz123局さん 神奈川県横浜市保土ヶ谷区水道記念館 5/5
・東京AD913局さん 神奈川県相模原市南区相模川河川敷 5/5

4 件のコメント:

いばらきTK911 さんのコメント...

いたばしAB303局、RC運用お疲れ様でした。
と、いうか無事、帰還出来て何よりです。!(^^)!

こちら常陸太田市里美牧場”プラトーさとみ”では、
3バンド同時ワッチで追撃モード。

RC開始時間になっても、特小は何も聞こえず。
CBも聞こえて来るのは、海外局とキュル音のみで
何も聞こえず。

やはり、甲斐駒ヶ岳から、ここまではさすがに
厳しいかな?と思い。DCRも諦めムード。
しかしながら何かアクシデントでもあり、RC開始時間が
遅れているのかも?とのことで、3バンドワッチ態勢を
そのまま継続。

時間が14時半を過ぎても3バンドとも何も聞こえて来ないので
やはりダメかと思い、そろそろ撤収しようかと思った
ところに貴局のお声がDCRに飛び込んできました。

チェックインされていた局との交信途中から貴局のお声が
飛び込んで来ましたので、正直、???でしたが、よくワッチ
してみると、やはり間違えなく貴局のお声でした。

アンテナマーク棒2本。強力にプラトーに入感していました。
飛距離約240km!!とのことで、しぶとくワッチしていて
正解でした。

いやぁ~、プラトーも捨てたもんじゃないですね。棒2本との
ことで、もう少し北の場所からでもQSO出来たかもしれませんね。
さすが標高2000m級のお山ですね。

QSO誠にありがとうございました。
連休中も繋がりましたら宜しくお願い致します。m(__)m

サイタマKM117 さんのコメント...

お疲れ様でした。甲斐駒をやるときは必ず黒戸尾根からと思っておりましたので、追撃に参戦したかったのですが、どうしても外せないCMで残念でした。
100名山RCも進みましたね。おっしゃるように、これからさらに厳しい戦いが待ち受けていますね^^;。剱も日帰りなら早月尾根ですね。あそこもしんどいですが、それより時間がかかる山が残ってますね。

今後の安全な登山と100名山RC完遂を祈念しております。

いたばしAB303 さんのコメント...

いばらきTK911局さん

いつも有難う御座います!
今回も各バンドご待機戴いていたのですね。
特小・CBと届かず残念でした。

当方の開始時刻が大幅に遅れてしまったこともあるかと思います。

さすが里美牧場ですね。
DCRの強力さには驚いてしまいました。
GW一斉OADもやはり界隈で運用されるのでしょうか。

佐渡島も回折ルートが著名ですので万が一聴こえておりましたらよろしくお願いいたします!

いたばしAB303 さんのコメント...

サイタマKM117局さん

コメントもいただき有難う御座います!
今回も当方のタイミングが悪く申し訳有りませんでした。
今回ばかりはどなたか一緒であったら相当心強かった様に思います。

覚悟はしていたものの、この時期は危険ですね。未だもう少し早い時期が良かったかも、と山頂付近で後悔してしまいました。

剣岳ですか!どこのタイミングで持ってくるか悩ましいですね。
北アの奥等、長いコースが数多く残っているので逆にどう攻略するか楽しみであります^^

またお言葉も頂き恐縮です。
KM117局さんにそう云って頂けると俄然やる気スイッチが投入されてしまいます^^

またどこかでお会い出来る様でしたらどうぞお手柔らかにお願いいたします!