2013年7月9日火曜日

散弾雨

592回板橋ロールコール白山御前峰(ごぜんがみね)開催の模様です。
※結果は最下段に掲載しています

バイクのメータがセンサ不良により動かなくなるアクシデントが有り、土曜日午前中は修理に費やし昼に出発。午前中は貴重な寝溜タイムなのでこれがどう影響するか。
日本海側は雨の様なので新東名⇒東海北陸道で郡上八幡入り。既に途中から雨に降られます。

翌朝、これより北は午前中雨の予報なので予定より1時間遅らせての出発。
ですが荘川IC手前から激しい雨。先が思いやられます・・・
平瀬道の登山口に到着。雨が弱まるのを待ちますが一向にその気配無し(泣

10時。意を決して登り始めます。
登山道は思ったより勾配は一定で流石歴史有るもの。登り始めて直ぐに感じます。

今回の道標は合目表示は無し。たまーにあるkm表示が頼り。うっとおしい頻繁な表示より個人的には好ましいもの。

今回も全く人に遭いません。逆側の石川県側のルートが著名なのでそちらルートの方が多いのか。

山頂までは室堂を経由して片道8.4kmほど。この勾配が続けば12時頃には山頂に達せる筈。
そう呑気な考えで登っていきます。
今日は天候に反して頗る体調が良さげ。
勾配のある雪渓トラバース1箇所が怖かったものの、1時間程で大倉山山頂通過。

ここから登山客が激減。非難小屋に多くの方が居たことを考えるとここで引き返す方が多い様です。登山道としては難所は全く無いのですが、この雪渓が曲者。頻繁に登場してきます。石川県側は南斜面を巻くのであちらの方が安全なのかもしれません。
軽アイゼンでは物足りなくちょっぴり後悔(笑

トラバースは傾斜も結構なもので木曽駒の様に谷底に落ちるものではなく途中止まりそうではありますがピッケルも無いので復帰するのは相当体力を消耗しそうな感じ。
しかも輪をかけて強雨と気温の高まりによって雪が緩んでいること。やっかいです。


ひえーとか独り言を言いながら外輪山?の尾根を越えます。

ここまで来ると森林限界も越えますが雪渓はより大規模に。安達太良の時よろしく、竹枝のリボンを頼りにしないと道を迷うほど。但し傾斜は緩く滑落の心配が無いのが楽。

やってきました白山室堂。流石日本三大霊山の一つ。大きな小屋というより別棟造りのアルプス系を彷彿させるもの。ですがガスっていて全容が判りません(笑

雨はさらに強く、風も遮るものが無い為が暴風気味になってきます。
ここで運用すべきか。時刻は11時半を回っています。

その地形から運用しても厳しいだろう、と行けるところまで山頂を目指すことに。

いきなりの石畳の階段に唖然とする余裕も無く登っていきますが当然暴風は爆風に。
しかも雨が細く鋭く叩きつけ、目を開けているのも困難なほど。
「いてててっつ!」
正しく散弾銃の様な雨。過去富士山と鳥海山で遭遇していますが紛れも無く最強。
バイクで雨の高速をノーヘルで疾っている様なもの。合羽など役に立ちません。

はあはぁ!
やっと山頂に飛び出します。ご覧の様に標柱も曲がって写るほど(笑 霊山の仕業?


岩陰に隠れていないと危険なので若干ロケを損しながらのロールコール開始です!
果たして何方か聴こえてくるのか?

ナガノAA601局さん(鹿嶺高原)、なごやCE79局さん(名古屋市)と立て続けに市民ラジオで呼んで頂きます。しかも強力!土地勘が無いのと視界が無いのと動けないので上手いポイントは見つけられないのですが、理屈抜きに素晴らしいロケーションと直ぐに実感^^

あれれ・・オペレート中Sメータが殆ど振れなくなってきます。当然リグの水没と判断(汗
すぐさまハンディ機に持ち帰ると開き直りか暴風雨の中に身を投じます(笑
バックノイズというか、この身を切る様に横切る風切音で相手局の変調が上手く聞き取れず。強力なので交信は困難という風変わりな環境。。。

ミエAA469局さん、アイチDV65局さん、ミエAB830局さんと2エリアの皆様から呼ばれます。どうやら先方は天気が良すぎて大変なご様子。こちらは避暑を通り過ぎて10度を切ってさらに風雨で体温をさらに持っていかれます。

今回も、御地元のいしかわ4137局さんから3バンドチェックインを頂きました。流石強力!

予定より遥かに時間をオーバーして下山開始。もう天気予報だと雨が止んでも良い頃ですが・・一旦明るくなる空も下山のタイミングに合わせる様にまた散弾雨(泣

何故か某弁護士の真似で「やめて、やめてょ」と云いながら下山。
戻ってきました室堂。
ビジターセンターなんて有ったんですね。訪れる余裕は無く元来た道を下っていきます。

うひーこんなんだったっけ?
目の前の景色に愕然とします。




往きはよいよい帰りは何とやら・・・せ雪渓が。。。下りの勾配にたじろぎます^^;
足場をこさえながらゆっくり降下。たっぷり3点支持の練習(笑

そんなこんなでバイクの元に戻ったのは16時半。
一旦雨は上がっているのであとはゆっくり帰るばかり。。。
甘かった(笑

天生峠(あもう峠)では一旦回復するものの、下りで土砂降り。
この雨雲と一緒に移動したのか、高山までずっと激しい雨。
寝ぼけていて、合羽の上を忘れてきたので急遽調達したポンチョをアウターの上に羽織っていたのですが、風でバタつき裾をズボンに中に入れていたものですから下半身大洪水(笑

高山から安房峠経由で松本へ。この頃やっと雨が止み、くたくたになりながら3時半帰宅。


この界隈が日帰り圏内なら北アルプス系もなんとかなる筈。
またどうぞ宜しくお願いします!

 
 
<第592回板橋ロールコールの結果>

・2013年7月7日(日)12時35分から13時50分
・石川県白山市岐阜県大野郡白川村白山御前峰(2702m) 百名山s55/100より

#市民ラジオ3chにて
・ナガノAA601局さん 長野県伊那市鹿嶺高原1800m RS53/52
・なごやCE79局さん 愛知県名古屋市中川区 53/53
・ミエAA469局さん 三重県四日市四日市港 52/51
・アイチDV65局さん 愛知県 55/53
・ミエAB830局さん 三重県伊勢市大湊町 55/54
・アイチAE114局さん 岐阜県中津川市二ッ森道1000m 41/34?
・いしかわ4137局さん 石川県志賀町 55/53

#特小レジャー単信3ch
・いしかわ4137局さん 石川県志賀町 M5/5

#デジタル簡易無線15ch⇒11chQSY
・いしかわ4137局さん 石川県志賀町 M5/5 3バンドTNX!
・なごやCE79局さん 愛知県名古屋市中川区 5/5
・アイチAD162局さん 愛知県岡崎市 5/5
・ミエAA469局さん 三重県四日市四日市港 5/5
・ミエAB830局さん 三重県伊勢市大湊町 5/5
・ナガノAA601局さん 長野県伊那市鹿嶺高原1800m 5/5


4 件のコメント:

ナガノAA601 さんのコメント...

悪天候の中、お疲れ様でした。
バックの風きり音から、結構大変な環境での開催だと言うことが伝わってきました。
特小・・・期待したのですが、聞こえなかったのは残念でした。
今回2バンドチェックイン、ありがとうございました。

いたばしAB303 さんのコメント...

ナガノAA601局さん

コメント頂き有り難う御座います^^
クリアに聞こえて来た時は「流石!」と感服しました。見事に抜けるルートでしたね。

特小は暴風雨でベストポジションに立てなかった為と思われます(笑)

懲りず移動しますのでまたどうぞ宜しくお願い致します!

なごやCE79 さんのコメント...

悪天候の中、おつかれさまでした。

アメダスで白山周辺に多くの雲を確認していたので、RCは厳しいのではと思いましたが、聞こえたときはビックリしました。

12:50すぎ(アイチDV65局さんとのQSOくらいから)に急にCBの信号が強力になって驚きました。57くらいで名古屋市街地で聞こえてました。ローカルなみでしたよ。

いたばしAB303 さんのコメント...

なごやCE79局さん

先日はチェックインも有難う御座いました!
私も山頂まで行けたことにビックリでした^^
霊山の成せる技かもしれません。

恐らくハンディ機で開き直ってから信号強度も上がったものと思慮されます。
こちらにもガツンと届いておりました。

未だ圏内の山も残っております。また聴こえておりましたらどうぞ宜しくお願いします!