2012年7月23日月曜日

滑落の悪夢

492回板橋ロールコール北アルプス奥穂高岳開催の模様です。

18年前岩盤ごと数メートル滑落して正に九死に一生を得たこの奥穂高岳。正に鬼門。
果たしてどんな結果になるのか・・・

※結果は最下段にあります

先ずは土曜日のお昼。北海道OADに参加すべく北海道ポイントへ。
最初は静かでしたが、聞こえてきました北海道!

くしろH74局さんがふわふわ浮いてきます。一発コールでピックアップ頂きます。
流石北海道OAD。サッポロHS45局さんのCQも入ってきますがQSBのタイミング合わず;

続いて近距離発生。サイタマHK123局さんが入ったと思ったら遠方へ移動。えひめCA34局さんは相変わらずの聞き取りやすい変調でしかも安定しています。
無事拾って頂きました^^

おっといけない^^;出発しなくては。
今回は下道で相模湖まで行ってそこから中央道経由で松本まで。
このコースにも慣れてきました。

前回のこともあったので事前にビジホ予約。翌日の日帰り登山に備えます。

明くる朝。思いっきり雨が降っています;
4時半に宿を発ち、新島々方面へ。
駅前に5時20分前に到着しますが、バスはあと2分で発車(汗
諦めて沢渡駐車場へ向かいます。これが後々正解だったことに気付くのです。

流石人気スポット。
悪天候にも関わらずどの駐車場も混んでいます。
バイクは1日300円。都内よりは安いです(笑

丁度上高地行きのバスが滑り込んできて搭乗。
上高地へはご存知の様にマイカー規制があり、バスかタクシーで向かうこととなります。
バス往復2,000円。タクシーは4,000円也。

久しぶりの上高地到着。
前回は快晴でしたが今回は生憎の天気。人もまばらで同じ場所かと見間違うほど。
少し歩くと有りました!河童橋です。

前回はこの橋を横目に徳沢に向かいましたが、今回は少しでも路程を短縮すべく橋を渡って岳沢方面へ。相変わらずというか全く変わらない美しさ。雲の低さが神々しさに拍車を掛けています。


しばらく進むとひょこり飛び出す岳沢への登山口。


時刻は7時。登山開始!!
スタートは鬱蒼とした樹林帯を比較的緩やかな勾配で登っていきます。
4kmで標高差600m強。

1時間程で岳沢小屋に到着。このコースは前回下山路で使用したのですが、こんなに立派では無かった筈。ログハウスの様。

この先はやっと登山道らしくなっていきます。
テン場は1張のみ。

いきなりの長い梯子。そういえば有りました^^
前回この付近で頭から血を流した人を介護してヘリに乗せた記憶が。
その際は好天だったこともあり大渋滞でした。

雨も弱く降っているので慎重に登っていきます。
鎖場や岩場、梯子と見事なバリエーション。前回の南アルプスとはやはり様相がかなり異なります。流石、岩の殿堂と云われるだけのことはあります。

1時間程登っていくと景色が開けて(いる筈)尾根に入っていきます。




雨の雷鳥広場到着。風も無く、雷も遠いので雷鳥はついぞ現れず。前回は北穂高付近で目撃しています。

ここで下山者多数遭遇。みなさんこの雨でひたすら滑ってスローペース。下り大丈夫でしょうか。
前回アルプス初心者だったにも関わらず、北穂高-涸沢岳-奥穂高というザイティングラートを使っての縦走だったのですが、北穂-涸沢岳間の馬の背で乗っていた一枚岩ごと数メートル滑落。うまく引っかかってまさに命拾いしたのですが、両側断崖絶壁でネット多数張っている難所。
その後腰が抜けてしまい、直ぐ目の前の小屋まで這う様に進んだのをはっきりと憶えています。
小屋のテントで飲んだビールの旨さも格別でしたが・・・大袈裟ではなく泣きながら呑んだ事が鮮明に思い出されます。

そのルートでは今回とても日帰りには挑戦出来ないので見送りましたが、トラウマを克服してこうして再び来れたことに感激ひとしお。天候の違い以上に見える景色が違います。


今回はそのルートに比べると全然危険度が低いのですが慎重に進みます。

10時前後、紀美子平到着。
重太郎新道に携わった今田重太郎さんが娘さんをここに遊ばせておいた事が由来とか。
今日は前穂高へ向かう登山者のデポしたザックが多数遊んでいます^^

吊尾根を進み、何度かペンキに迷いながら11時前に奥穂高山頂到着!
景色何も見えず(泣
全然高度感が有りません。
かのジャンダルムも見えておりません。

「こんな山頂だったかな?」全くこの景色憶えていません。
気温10度以下に加えて冷たい風が吹きぬけていきます。
後方羊蹄山を思い出す寒さ。

岩陰に座りながらCBから運用開始!
北陸側受付時間には間に合わなかったものの、3エリア側のきょうとKP127局さんに拾って頂き、北陸ロールコールチェックイン完了!

また、やまぐちAN77局さんとは意外ながらも今期初のEsQSOに成功。

そして13時前の事前受付に合わせて、ニイガタYS112局さんキー局の新潟CBロールコールにもチェックイン^^
久しぶりにチェックイン出来嬉しくなってしまいます。

既にお腹一杯ながらもこれからが本番。板橋ロールコールの開始です。

やはり南アルプスとは伝搬が異なります。
特に能登半島方面や長野方面に良い様に感じました。
名古屋市内からもお声掛けいただいたのには吃驚。
1エリアから、サイタマAB960局さんのチェックインの他、水曜日のレポートでは、さいたまDF68局さんからDCRL出来ていた旨伺いました。
流石全方位に届いている感じ。

立ち位置を変え、方位盤に立ってみるとこの雲の中方向が良く掴めます。
富士山が見えるそうなので富士山レピータにも挑戦すると、カナガワAD507局さんからお声掛け頂きました。
無事変調も乗っている様です^^

デジ簡は今回AZ350Sでの運用。AZ350に比べると半分近い短さでしたが、ハンディホイップより若干良い感じで、ギリギリの信号時に威力を発揮しました。
ケーブルのロスもあって出番は少なくなっていましたが山岳ほど威力発揮するかもしれません。
短いのでエレメン折れの心配は無いですし(笑

先週に比べると時間的にも余裕あってのんびりオペレート。
皆様有難う御座いました!
終了後、以下の通り薄日が差すほど急激な天候回復!


すわ!これは赤石岳の再現か?と小躍りしますが続かず・・・


15時。下山開始。
下るに従って雨が・・・登山時より酷い強雨(泣

この梯子の辺りも滑りやすくなっており慎重に慎重に・・

結局登山時間と同じ時間掛かって下山完了。
距離が遥かに長い、赤石岳の下山より時間が掛かってしまいました。
やはり難所が多いほど登りと下りの時間が拮抗してしまうのです。


これは想定外でした。
上高地には19時過ぎに到着。
最終のバスは15分前に出発してしまったとのこと。がっくし。

でも先週と違うのは代替手段があること。
そう、タクシーで沢渡駐車場まで。

運転手さんに伺うと私の様な遅刻者が居るので上高地側で泊まりの人が必ず居るそうで。
なるほど!妙に感謝(笑

さらには、ゲートは20時頃に閉まってしまうとのこと。助かった~
でも先のタクシーはゲート前まで行って、連携してもう1台ゲートの向こうに待機させお客さんをリレーさせるそうです。

こうしてなんとか日帰り登山完遂!ちょっと危なかったですが;;
バイクでひた走り午前2時前に帰宅。

次はSV2012ですね。皆様楽しまれて下さい!!


 <第492回板橋ロールコールの結果>

・2012年7月22日(日)13時00分から14時20分
・長野県松本市岐阜県高山市奥穂高岳(3190m)37/100より

#事前運用
・きょうとKP127局さん 京都府宮津市世屋高原 RS42/41 CB北陸RC
・さいたまBB85局さん 栃木県佐野市みかも山 53/53 CB
・やまぐちAN77局さん 山口県 52/51 CB
・ニイガタYS112局さん 新潟県板倉町関田峠 CB 新潟CBRC

#市民ラジオ3chにて
・いしかわ4137局さん 石川県中能登町碁石ヶ峰 57/55
・イワテB73局さん 三重県四日市市四日市港 54/53 GW
・ナガノK2局さん 長野県山ノ内町志賀高原 59/59
・グンマAA661局さん 群馬県上野村十国峠 53/51
・さいたまBB85局さん 栃木県佐野市みかも山 54/54
・ナガノAA601局さん 長野県上田市美ヶ原 59/58
・にいがたJH94局さん 新潟県中頚城郡尾神岳 55/53
・ナガノTM285局さん 長野県松本市カオスCS 53/52
・いしかわMB79局さん 石川県羽咋郡宝達山 57/56
・いしかわROSE局さん 石川県羽咋郡田圃 52/52
・ひだたかやまKO105局さん 岐阜県高山市 58/54
・ながのAF45局さん 長野県下伊那郡中川村陣馬形山 55/52
・ふくいFB401局さん 福井県越前市エボシ山 53/51
・ミエAA469局さん 三重県四日市市四日市港 54/52

#特小レジャー単信3chにて
・いしかわ4137局さん 石川県中能登町碁石ヶ峰 M5/5
・ナガノAA601局さん 長野県上田市美ヶ原 5/5

#特小富士レピータ経由にて
・カナガワAD507局さん M5/5

#デジタル簡易無線 15→17chにて
・ナガノTM285局さん 長野県上田市美ヶ原 M5/5
・ミエAA469局さん 三重県四日市市四日市港 5/5
・ナガノK2局さん 長野県山ノ内町志賀高原 5/5
・ながのAF45局さん 長野県下伊那郡中川村陣馬形山 5/5
・サイタマAB960局さん 埼玉県吉見町 5/5
・いしかわ4137局さん 石川県中能登町碁石ヶ峰 5/5
・ナガノK277局さん 長野県松本市 5/5

0 件のコメント: